アイドル観

 アイドルとは、天性の才能とたゆまぬ努力により磨きあがった魅力を、不特定多数に向けて平等に振りまく存在だ。平等に割り振られた魅力を、それが自分だけに向けられたものではないと自覚した上でなお、欲望を超えた、言葉にできない尊さを感じた人間がファンになる。これがアイドルとファンの関係性であって、両者はなによりも特別を嫌悪し、ひたすらに均衡を保つべく立ち回る必要がある。したがって、アイドルはファンに向けるはずだった魅力を特定個人に向けてはならないし、ファンも必要以上にアイドルに近づいてはならない。
 この契約はアイドルに不利であることは否定しない。アイドルは多数のファンからの好意を一人で受け止めなければならないからだ。アイドルとして芸能界で活動していると、必然的に社会の上位に位置する非常に魅力的な人間が周囲に集まってくるだろう。アイドルは、そういった相手に対しても特別な感情を抱いたり、表に出すこと無く常にアイドルとして振る舞い続けなければならない。
 対して、ファン側はアイドルに近づきすぎさえしなければ、自分以外のアイドルを追いかけてもよいし、恋愛をしてもいいし、なんなら家庭をもってもよい。アイドルにとってのタブーは、一般的には極めて自然に行われている行為なのだ。自らの意志でアイドルになることを選び、人間の基本ルートから逸脱することを決めたとしても、一般的な感性をもった人間なら、社会から取り残されていく不安や恐怖は常にまとわりついてくるに違いない。
 ……ぼくがそんな立場であったら、とても耐えられないね。
 そちらは勝手に生物をやっておいて(何なら自身に性欲までぶつけているかもしれない)、そのくせこちらには純潔を求めてくる。アイドル側からしたらたまったものではないかもしれない。しかもここまで徹底して、商業的に成功するアイドルはほんの一握りなのだから、なんとも過酷な世界だと思う。
 それでもこのいびつな関係性が今日まで成り立ってしまうのは、この不平等こそがアイドルがアイドルとして成り立つための要件であるからに他ならないんだよね。
 きっと、アナタもうっすら自覚しているんじゃないかな。
 鋼鉄の意志を貫いて溜まりに溜まった、正負入り混じったエネルギーしか、ファンは摂取できないんだ。
 はっきりいって、ファンは、アナタを、アイドルを人間として見ていない。例えるなら、神かな。
 つまり、崇拝しているんだ。
 関係性を守り続けるアイドルとしてのアナタを崇拝しているからこそ、ファンはステージにたつアナタをみて恍惚を含むため息をつき、足が棒になるまで飛び、喉が枯れるまで叫び、涙を流す。それは、ファンにとってとても気持ちよくて幸せな瞬間なんだ。アナタも、ぼくたちの崇拝を一身に受けて気持ちよくなっているよね。
 崇拝は恋愛感情とは最も遠いところにあるから、ファンはアイドルと結ばれることはないし、結ばれようとも思わない。不平等な関係性かもしれないけど、アナタがアイドルとして在ろうと思えば、永遠にアイドルとして在り続けられるんだ。当然ファンも、アナタがアイドルで在り続ける限りはいつまでも崇拝するよ。
 だから、安心してアイドルを続けてね。

2018/05/16

中途覚醒中途覚醒。起きる。服を着る。髪が伸びている。切りに行くつもりなし。家を出る。ホームに並ぶ。誰かの靴を踏む。電車に入る。まともなスペースがない。適当に立つ。おっさんの口臭を浴びる。電車を降りる。ホームに並ぶ。良く切れる剣を振り回す妄想をする。電車に乗る。肘が食い込む。開きかけた本を閉じる。会社につく。休憩室に飛び込む。サプリメントを飲み下す。深呼吸をしてオフィスに。なんかする。退勤する。ホームに並ぶ。電車に入る。まともなスペースがない。適当に立つ。おっさんの咳を浴びる。リュックサックの凹凸が食い込む。取り出したkindleをしまう。電車を降りる。早歩きをする。ホームに並ぶ。電車に乗る。まともなスペースはない。慣性に身を委ねる。電車を降りる。地上に出る。夕日は別に綺麗でもない。安酒を買う。味噌にマヨネーズを混ぜて舐める。酒を啜る。朝日に照らされた無人の高層ビル群に想いを馳せる。インターネット、終了。オナニーをする。設定が溜まっていく。文を書く気力が湧かない。寝る。中途覚醒

04:59/School Food Punishment
http://j-lyric.net/artist/a05075c/l020103.html

2018/04/07 - 田村ゆかり

仰々しいタイトルですみません。

好きです。

プロなんですよ。ライブで見せてくれる姿。プロなんですよね。世間ではいわゆるメンヘラとか言われてるじゃないですか。ないない。

僕達の前に現れるゆかりんは紛れもなくアイドルなんですよ。笑顔、仕草。あれをアイドルいわずして、何をアイドルとしますか?という話です。

今日は田村ゆかりオフ会に行きました。

  • 虹色バルーン
  • 上弦の月
  • Lost sequense
  • 薔薇のロマンセ、月のセレーネ

が特に好きな曲で、脳内選手権で度々優勝しているという話をした記憶があります。強い王国民が多すぎます。すみませんでした。

正直昔の曲や昔のライブ、昔のエピソードについては全く知らないんですけど、それでも「田村ゆかりはアイドルで、世界一可愛い」という価値観は持っていて、今日それを共有できたので人類も悪くねえなと思ったり。

ちょっと何を歌ったかまでは覚えていないんですけど、たしか

あたりは歌った気がします。歌うまくなりたいなあ。

向上はしてると思うんだけど、今の方向性でよいのかがわからない。

張り上げない中~高音域からのビューティフルなファルセット、田村ゆかりさんのように、ね。

精進していきたい。

最短ルートは、可愛い女の子になって可愛い声を手に入れること。来世に期待しましょう。

ああ、明日仕事行きたくねえな。

2018/04/06 - 強さランキング

ストロングゼロビターライムはアリ。

現状ダブルレモン、ダブルシークワーサー、ビターライム、葡萄、桃、その他有象無象くらいの位置づけ。

~~~~~

S ダブルレモン
A ダブルシークワーサー、ビターライム
B 葡萄ダブル 桃ダブル
C ビターオレンジ
D その他有象無象

~~~~~

ところで、サンガリアスーパーストロングチューハイ(12%)が見つからないんですけど、一体どこにあるんですか?

www.kilat.jp

スラム街?

それとも心療内科行かないともらえない?

2018/04/05 - 米

昨日、炊飯器のスイッチを押す作業を二度ミスした影響で炊飯に3時間を要する死闘が発生しました。死闘の後に食べた納豆ご飯は最高に美味しかったです。これでは昨日の日記になってしまいますね。

実はいま夜勤で、びっくりするほど忙しくて数分前にやっと日記をかく余裕ができたところなんです。

夜勤前には、昨日の死闘の結果生成された冷凍米ではなくたらこパスタを食べました。納豆ご飯よりたらこパスタの方が好き。

2018/04/04

衣替えが済んでいない寝間着の中に、春の陽気が少しずつ溜め込まれていく。やがて体中が春になると、目蓋から暖かさが溢れ出す。

そんな風に眼が覚めた。時計を確認すると、アラームまであと1時間ほど余裕があった。最近は減ってたんだけどな、中途覚醒

私は首を回して、隣で眠る彼女の方を見やった。いつも同じ時間に起きるので、こうやって朝の寝顔を見るのはそうあることではなかった。

視線を下に向けると、まるで夢の中でも情事を重ねていたかのように、彼女の美しい黄金色の髪が私の髪と絡みあっていた。私は彼女の髪が特に好きだった。以前、彼女の髪に憧れてこっそりと髪を染めてみたことを思い出した。あまりにも似合わなくてすぐに戻したことも。

そんな憧れも、ルームシェアが同棲になる頃にはとうに置き換わっていた。人は本当に満ち足りていると世界の全てを愛せるようになることを知った。

「くしゅん」

溢れ出す春は目蓋だけに留まらない。身体が僅かに揺れ、絡まっていた髪が解けてしまった。 前言撤回。こいつだけは絶対に愛せない。

昨日夜遅くまで仕事をしていた彼女をくしゃみなんかで起こすのは悪いと思ったので、もう一度眠ることにした。

次に眼を覚ましたときにはまた髪が絡まっていることを密かに期待しながら。

***

なんてこともなく、今日も社に行き、仕事をし、帰ってインスタントラーメンともやしのナムルを食べ、シャワーを浴び、米を炊いている最中です。

米が炊けたら寝ます。明日は夜勤です。

今日はゆかりん春待ちソレイユを聴いていました。春、来てますね。ifと真新しいカレンダーが特に好きです。チアガール in my heartとMERRY MERRY MERRY MENU…ね! も好きです。プラチナLover's DayもSympathy of Loveもとても良いですよね。初めて買ったゆかりんのアルバムなので思い出深い。

2018/04/03

寝たいので書きましょう。

社に行った。新社会人がちょろちょろいたので、とにかくはやく死にたい一心で転職を繰り返していたあの頃を思い出そうとしたら吐き気が襲ってきたのでやめた。結果的に心は死に、肉体も着々と弱っています。晴耕雨読がしたい。

電車ではめしにしましょう*1を読んでいた。最近ちょっと文字を読むのに疲れていて、漫画ばかり読んでいる。そのせいで今月のクレカが死んだのですが。めしにしましょうは通算で5周目くらいです。5周すると、各巻5回ずつ読むことが出来ます。低温調理器が欲しくてたまらないので、来月か再来月にANOVAでも導入しようと思います。使う使わないの問題ではなくて、持っているかどうかなんです。持っていたら使える可能性が生じます。燃える可能性も生じます。

ヨルシカ*2のアルバム「夏草が邪魔をする」を聴いていた。ボカロで有名なn-bunaさんのバンドです。n-bunaさんは曲調がど真ん中ストレートに好きで、歌詞も爽やかに捻くれてるのがいいと思っています。ボカロだと「アイラ」「背景、夏に溺れる」「夜明けと蛍」「昼青」が特に好み。このアルバムだと「カトレア」「あの夏に咲け」が特に良かった。馬鹿なのでコンセプトが明確なのが嬉しい。感動というユーザー体験があります。

帰りの電車では眠ったお姉さんの顔が私の左肩と結合し人権を得た。人権はいらないので即座に嫌そうに振り払うなどした結果、合計3回人権を放棄することになった。

春アニメをチェックしました。

最大でこのあたりを見る。2,3個完走できれば良いですね。立花館は百合展が中止になったので見ることにしました。そういう百合なので。オタクは逆を張るのが好き。

今日の安眠に使う音声はこれから決めようと思います。