夢のような現実

メリーが毎日、寝ている私にキスをしていることを知っている。 それが、恋愛感情から生じる行動ではなく単なる現実の確認作業であることも知っている。

メリーは、ただ怖いだけなの。

それでも、私は喜んで受け入れるわ。 メリーが、現の象徴として私の唇を求めているのだとしたら、私にとっては夢のような話よ。