本日も桜が綺麗

消費しています

ぼくのすきなおんせいさくひん1

とても思い入れのある音声作品を紹介しようと思います。

紹介形式は試行錯誤中です。

***

ピンクのお部屋のピンクのお姉さん / ネイティファス http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ092338.html

M向け音声の老舗、ネイティファス様の作品です。2012年に発売されました。 このサークルは「色仕掛け」をベースとした、破滅・洗脳・捕食展開の作品が非常に多く、どちらかと言うとニッチよりかもしれません。合う、合わないの差が激しいサークルだと思います。まさに同人だからこそできる作品といえるでしょう。

***

世界観の説明からいきましょう。

この作品は「ドキドキ色仕掛けダンジョンシリーズ」と呼ばれるシリーズの一つで、人外、魔法といった概念がある世界で、ドキドキ色仕掛けダンジョンに入った冒険者たちが、様々な特殊能力をもつ女性たち(淫魔といっても差し支えはない)に快楽で堕とされていくという展開になっています。

一般のRPGやアクションゲームでえっちなモーションを含んだ技、魅了の状態を付与する技に遭遇したこと、一度はありますよね。ドラクエの「ぱふぱふ」「セクシービーム」、ポケモンの「メロメロ」「てんしのキッス」などが有名でしょうか。そういった技で興奮した経験のある人で、かつソフトM気質の人は合うと思います。

さて、本作に登場する『ピンクのお姉さん』は、とにかくピンクです。部屋も容姿もピンク一色。淫乱ピンクとはよくいったもので、魅了攻撃ときくと、やはりピンク色のエフェクトを想像してしまいますが、このお姉さんも魅了のテーマカラーとしてのピンク色をこれでもかというくらい強調した攻撃を仕掛けてきます。

ピンクのお姉さんの、ピンク色の魅了攻撃を一度でも受けてしまえばもうおしまい。絶対に逃げられません。逃げようという気持ちまでピンクに染められてしまうことでしょう。

魅了、射精、魅了、射精、魅了、射精。

ピンクの吐息が、ピンクのキスが、ピンクの母乳が冒険者をピンクの魅了漬けにしてしまうのです。そして、身も心もピンクに染められた末にアナタは……。

***

続いて作品の詳細を。

本作品は2トラックに分かれており、トラック1では「一人で迷い込んできたショタ冒険者」、トラック2では「複数人の屈強な冒険者」がそれぞれお姉さんに堕とされていくストーリーとなっております。標的のタイプが間逆なので、口調や攻撃方法の変化を楽しめると思います。

再生時間もそれぞれ44分、34分と聴きやすい長さになっているところも良いですね。

声優は、長年に渡って同人音声作品界を支えている紅月ことね様です。 色気と余裕たっぷりの演技は流石です。お姉さんのイメージと見事に合致しています。

***

最後に個人的な話を。

思い入れが強いというのは、音声作品を探すようになって最初に出会った「性癖どストライク」の作品だったからです。衝撃を受けました。ちなみに、私はおねショタが好きなのでトラック1が気に入っています。

ちなみに、今年の3月に発売されたネイティファスの「誘惑ゲーム ~10分我慢できたら100万円~」でピンクのお姉さんがまさかの再登場をしております。懐かしさと興奮で数種類の涙を流しました。

私のオナニーライフはネイティファスとともに歩んできたと言っても過言ではありません。

気になった方はぜひ体験版をきいてみてください。 あわよくば購入してください。

ピンクのお部屋のピンクのお姉さん / ネイティファス http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ092338.html