2018/04/04

衣替えが済んでいない寝間着の中に、春の陽気が少しずつ溜め込まれていく。やがて体中が春になると、目蓋から暖かさが溢れ出す。

そんな風に眼が覚めた。時計を確認すると、アラームまであと1時間ほど余裕があった。最近は減ってたんだけどな、中途覚醒

私は首を回して、隣で眠る彼女の方を見やった。いつも同じ時間に起きるので、こうやって朝の寝顔を見るのはそうあることではなかった。

視線を下に向けると、まるで夢の中でも情事を重ねていたかのように、彼女の美しい黄金色の髪が私の髪と絡みあっていた。私は彼女の髪が特に好きだった。以前、彼女の髪に憧れてこっそりと髪を染めてみたことを思い出した。あまりにも似合わなくてすぐに戻したことも。

そんな憧れも、ルームシェアが同棲になる頃にはとうに置き換わっていた。人は本当に満ち足りていると世界の全てを愛せるようになることを知った。

「くしゅん」

溢れ出す春は目蓋だけに留まらない。身体が僅かに揺れ、絡まっていた髪が解けてしまった。 前言撤回。こいつだけは絶対に愛せない。

昨日夜遅くまで仕事をしていた彼女をくしゃみなんかで起こすのは悪いと思ったので、もう一度眠ることにした。

次に眼を覚ましたときにはまた髪が絡まっていることを密かに期待しながら。

***

なんてこともなく、今日も社に行き、仕事をし、帰ってインスタントラーメンともやしのナムルを食べ、シャワーを浴び、米を炊いている最中です。

米が炊けたら寝ます。明日は夜勤です。

今日はゆかりん春待ちソレイユを聴いていました。春、来てますね。ifと真新しいカレンダーが特に好きです。チアガール in my heartとMERRY MERRY MERRY MENU…ね! も好きです。プラチナLover's DayもSympathy of Loveもとても良いですよね。初めて買ったゆかりんのアルバムなので思い出深い。